ホーム>これまでのハイライト

これまでのハイライト

オープン前~2006年

2015327144550.jpg
2005年春までの2年間は、仕事をしながら、京都インターナショナルアカデミーのえほん教室(現在休校、えほん教室はetoteとして継続)に通っていました。
その後、一定の条件が身の回りで整ったこともあり(随分と無謀な部分もありましたけれど)、手作りの創作絵本が楽しめるお店を作りたい!と、思い立ちました。
 
趣旨に賛同して下さったクリエイターさん達のご協力をいただいて準備を進め、10月10日、無事オープン。
オープンから3日後、「ちちんぷいぷい(毎日放送)」の取材を受けて、早速お店をご紹介いただきました。
OAへ間に合わせるべく、Rokoちゃんのご主人のmizくんが、急遽、忙しい仕事のスケジュールをおして、当店の初代HPを整えて下さいました。おかげさまで、OA直後には、沢山のお客様からの反響を得ることができました。
 
2006年は、作家さんの都合と、お客様のご要望の狭間で、試行錯誤しながら今後の運営方法を見出す、そんな年でした。また、一般のお客様に、作家さん達の活動をもっと身近に感じていただくための何かよいアイデアがないか、意識するようになった年でもありました。

2007年

2015327144729.jpg
「Willnavi」「まみたん」など、地域のフリーペーパーの取材を、ちょいちょい頂いていました。
「切抜きをまだ持っていますよ」とおっしゃって下さるお客様がたまにいらっしゃったりすると、照れくさい気持ちになります。
 
当時大阪で開催されていた「PEACE SUMMER」というアートイベントの会場に加えていただく機会を得たことで、大阪市内のいくつかのギャラリーさんとのお付き合いが広がった年でした。
 
2周年記念に、ハロウィンをモチーフにした企画展を実施しました。吉村こよみさんがDMやポスターのイラストを描いて下さいました。

私達夫婦が結婚した年でもあり、私生活の面でも変化に富んだ年でした。
 

2008年

2015327144848.jpg
手で絵本を作ること、作家さんや作品のこと、そしてお店のこと。それらを一般の方に楽しみながら知ってもらうためのいい方法はないかしら?かねてから思案していたアイデアが、ようやくseedbooksとして形になった年でした。
その商品コンセプトにご理解下さった作家さんからのご協力を頂いて、夏にテスト版の販売を行い、秋に11作品を発行しました。

関わって下さった作家さんの中には、お取引下さるショップをご紹介下さった方や、適したイベントをご紹介下さった方などもいて(ありがたいことです!)、発行後すぐにいくつかのショップでお取り扱い頂くことになりました。また、東京で不定期開催されている豆本フェスタにも出店しました。
 
seedbooksを発行したこともあり、ホームページをリニューアルしました。2代目HPも、mizくんが担当して下さいました。
 

2009年

2015327144937.jpg
「Richer(京阪神エルマガジン発行)」の南大阪特集号、「BLue Liner(泉北高速鉄道発行)」に、ショップの記事を掲載していただきました。

春にseedbooksを追加で4作品発行し、全部で15作品となりました。そのうち、吉沢深雪さんの作品によるものが2作品あり、seedbooksのために描きおろしてくださった「ルラのちいさなおへや」の原画展を開催させていただきました。

秋には、お付き合いのある作家さんと一緒にデザインフェスタに出展。seedbooks発行から1年を記念して、缶バッヂのノベルティを製作し、ご好評いただきました。
 
殺風景だったお店の前に、少しお庭のスペースを確保するなど、外観も様変わりした年でした。
 

2010年

2015327145024.jpg
2月より、主人の仕事の都合で、私のお店の業務もくっつけて法人化する運びとなりました。
以後、株式会社オフィスリールとして、映像にまつわるプロダクションリールと、絵本にまつわるピクチャーブックギャラリーリール、2つの部門で営業活動をしています。その後、堺商工会議所の会員になりました。
 
お店はちょうど5周年の年で、5周年記念のイベントなんかも開催しました。
 
個人的に、とにかくお店で企画展をするのが楽しくて、色々企画していました。ご近所のamaギャラリーさんと、ぎゃらりーホンダさんと一緒に連動したイベントなんかも実施しました。

seedbooksは追加で5作品を発行、全部で20作品となりました。

2011年

2015327145143.jpg
「大人組PLATINUM(ゆめディア発行)」に、店主おすすめの絵本を掲載していただきました。また、「ねこ(ネコ・パブリッシング発行)」に猫実珈琲店さんの取扱商品として、seedbooksを取り上げていただきました。
 
3月、東日本大震災が発生し、関西でも買い控えなどの影響で、直後は急激にお店の営業状態が厳しくなったのを覚えています。

その後、東急ハンズ本社のイベント企画課の方から、5月に実施する全店同時開催イベントの企画の一つとして、seedbooksを採用していただけることになり、当時全国に23店舗あった東急ハンズさんへの納品準備のため、てんてこまいになったことも印象に残っています。
イベントで反響の大きかった、まだオープンしたばかりの東急ハンズ梅田店さんで、イベント終了後すぐ~数ヶ月間、seedbooksを常設販売していただくことになるなど、嬉しい出来事もありました。

11月には数日間、大船渡周辺へボランティア活動に伺い、貴重な経験をさせていただきました。

seedbooksの追加は2作品。全部で22作品になりました。

2012年

2015327145234.jpg
「D'S SELECT(D'S STYLE発行)」にショップの情報を掲載していただきました。「岐阜新聞」にseedbooksの記事を掲載していただきました。「イラストノート(誠文堂新光社発行)」の絵本特集で、ショップの情報を掲載していただきました。
 
夏には、朝日新聞主催「朝小サマースクール in 武庫川女子大学」というイベントで、seedbooksのワークショップをさせていただきました。

seedbooksの追加発行は1作品、全部で23作品に。

秋には、seedbooksのPRのために、初めて東京インターナショナルギフトショーに出展しました。
それにさきがけ、作り方解説書の見直しを行い、だんだんと増えてきた作品をコレクションに分けて分類し、パッケージも全面リニューアルしました。

2013年

2015327145323.jpg
「CO.CORE(コアー建築工房発行)」にショップの紹介記事を掲載していただきました。「にじいろジーン関西ばっかりやねんSP(関西テレビ)」でJAMPOTさんのお取り扱い商品としてseedbooksを取り上げていただきました。
 
地元とのつながりが増えた年になりました。seedbooksをお取り扱い下さるショップも、地元を中心にいくつか増えました。追加発行は2作品、全部で25作品に。

12月、HPを再びリニューアルしました。このHPは、株式会社セルクルさんによるものです。こちらの要望に対して、非常に根気強くおつきあい下さいました。維持管理がしやすく、とても気に入っています。

出張販売の依頼が急増し、連休や週末ごとにどこかで出張販売、というような状況が続きました。
並行して、seedbooksの作り方解説書の英語版を作るため、友人を介して英訳の作業を進めたり、自宅・ショップの新築に絡み、設計などの打ち合わせも立て込むなど、慌しい1年でした。
ページ上部へ

PICTUREBOOK GALLERY

open close address attention

11:00~17:30
月曜・火曜+不定休
[営業日カレンダーはこちら]

大阪府堺市中区深井水池町3125-2
[アクセスマップはこちら]

■駐車1台(近隣にコインパーキング有)
■迷ってお店にたどり着けない時は、
 お気軽にお電話ください。

contact access sns

TEL / 072-220-9295
FAX / 072-279-8829

泉北高速鉄道「深井」駅から徒歩約6分

youtube facebook twitter

 

movie

youtube